就労継続支援B型事業所リバーサイド

精神に障害を持つ方の「働きたい!」を支援する事業所です。

 

仕事内容 / メンバーの声 / ご利用の手順 / アクセス


こんな悩みはありませんか?

・症状が回復してきたので働いてみたい。

・何回か就職したが、長続きしない。

・就職に向けて、職場でのコミュニケーションが不安。

・働くために何か準備をしたい。

 

リバーサイドでは、こんなことができます。

・働くための日常の生活リズムを身につけます。

・働くための体調管理の方法を身につけます。

・対人関係等の悩みを職員と共に考えていくことができます。

・就労に向けて、ハローワーク、就労支援センター等と連携をとり、支援します。

食堂、印刷、作業、施設外就労、4つの仕事があります


食堂

かすみがわ食堂では、厨房内の作業、清掃、レジ担当、ホール担当、在庫チェック、洗濯、アイロン掛け作業があります。シフト制で仕事に入り、メンバー、職員一同でお客様に喜ばれる食堂を目指しています。


印刷

印刷では、印刷機器を操作し作業を進めていきます。チラシ、冊子製本の印刷、ポケットティッシュ封入作業などを中心に行っています。

 

 

 

~印刷作業では、他にも横断幕、ポスター(白黒・カラー印刷)、年賀状印刷、名刺印刷等承っております。少部数から作成可能です。名簿や発表会のプログラム、サークル記念誌やご自分の作品の発表などを本にしてみませんか?お見積り無料です。お気軽にお声がけください。


作業風景

作業

 作業では、クリーニングたたみや、紙袋の組み立て、レコード入力等を行っており、ノルマはありません。ご自分のペースで作業することができます。

 

 

 

 

 

 

 


施設外就労

 施設外就労では、職員とメンバーが他施設様に伺い、清掃作業や、内職作業を行なっています。


工賃

働いた時間に応じて工賃が支払われます。

H29年3月度実績 平均9,063円、最高額23,250円。 

 

その他

リバーサイドでは他にパソコン教室やレクリエーション、ご家族向けの懇談会等を実施しております。

メンバーの声


 食堂で働いて二年ぐらいになります。厨房内で盛り付けや食器洗い、ホールでの接客、レジの仕事などに関わっています。私の目標は就労を目指していますがホールでの言葉遣いや気配りなどを学びました。厨房では料理は目で見て楽しむものであると教えられたので盛り付けを綺麗に仕上げるという事を大切にしています。スタッフが丁寧に教えてくれるので就労訓練に役立っています。(T.Sさん)

 

 リバーサイドでは主に内職の仕事をしています。袋の作成、箱折り、パソコンを使いレコードジャケットの画像取り込みや内容の入力などをしています。袋の作業は一日に何個も作りますが長い時間同じ作業をするので集中力が身に付きました。この袋をお客様が使うと思うと丁寧に仕事をしなければならないし、それを使って頂けると思うと、とても励みになります。(T.Kさん)

ご利用の手順


予約

お電話で見学の申し込み。

(電話:04-2900−3301) 

 ↓

見学

施設、作業の様子を見学。

 ↓

体験利用

短期間の体験利用。

 ↓

契約

当事業所と利用契約を締結。正式利用開始。

※利用料

障害者総合支援法の規定による。

アクセス


就労継続支援B型事業所リバーサイド

(埼玉県指定事業所 No.1112700321)

〒350-1323

埼玉県狭山市鵜ノ木28−9

電話 04−2900−3301

 

設立 平成17年10月

定員 20名

開所日 月曜日〜金曜日

休所日 土、日、祝祭日

開所時間 9:30〜15:00

 

<職員体制>

施設長・サービス管理責任者1名(精神保健福祉士)

目標工賃達成指導員 1名

生活支援員 2名

職業指導員 4名

H30.5現在

ダウンロード
リバーサイド案内パンフレット
リバーサイド案内パンフレット.compressed.pdf
PDFファイル 2.5 MB